忍者ブログ
2007年某日渡米。 やなまんは、ダンナ様・大将とともにサンフランシスコでのいつもの日々をいつもこんな感じで楽しんでます?!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Sonomaにあるお気に入りワイナリーMatanzas Creek Wineryで、毎年恒例のラベンダー祭が開催されました。

昨年の夏、初めて訪れた時にはお祭りもラベンダーの時期も終わった後で残念な思いをしましたが、今年はワインクラブのメンバーになり満を持して参加!となりました。
ワイン好きのShina_pooh夫妻とともにカープールです
途中、In n' Outで空腹を満たします(うっかりいつもどおり食べて後悔)。

ラベンダー畑の下にある原っぱが駐車場。
blog_201006026_R001.JPG

テイスティングルームに続くドライブウェイを歩くと受付のテントがありました。





blog_201006026_R000.JPG

チケットは記念に手元に残しておくことも出来ます。



ウェルカムワインは2008SauvignonBlanc。程良く冷えて美味し~い
もういきなり気分は最高潮です。

blog_201006026_R013.JPG

そして、真打、見渡す限りのラベンダーに感動






さて、何はともあれ、まずはもちろん、ワイン!
blog_201006026_R007.JPG





ワイナリーの名物である樫の大木の下で振舞われていたのは、
・2007 Sonoma Valley Chardonnay
・2008 Sonoma County Sauvignon Blanc
・2009 Benett Valley Rose ★
・2008 Benett Valley Pinot Noir
・2006 Benett Valley Merlot
・2006 Sonoma County Cabernet Sauvignon
・2006 Sonoma County Syrah ★
チョコトリュフとのマッチングで用意されたデザートワインは、
・2008 Denouement White Dessert Wine
blog_201006026_R010.JPG

さらにバレルテースティング(要するにまだ寝かし中の樽酒)で
2009 Jackson Park Melotと
完成品の2006年物ものと比較が出来ました。



いつものテイスティングルームに行けば、
・2002 Jackson Park, Benett Valley Melot
・2007 Journey Chardonnay
までティスティングできました!
これって、今シーズンの新しいワインリスト全てではないでしょーか?!
量もかなり注いでもらったので、ちゃんと捨てていかないと酔います。
私はへべれけでした。~(@ヮ@)~
(★は今回のお買い上げです。)

続きましてお食事。どれもワインの味を引き立てるものばかり!
blog_201006026_R006.JPG







・Lavender & Coconut Rock Shrimp Ceviche
・Butter Lettuce Salad
・Rancho Gordo Three Bean Salad
・Lavender Roasted Chicken
・Matanzas Creek Spice-rubbed Hanger Steak
付け合せのポテトが最高!
さらにマッチング用にチーズもありました。

デザートには、
blog_201006026_R011.JPGblog_201006026_R009.JPG





・Chocolate & Lavender-infused Pot de Creme
・Goat Milk Ice Cream(チョコとストロベリー)
とマッチング用のチョコトリュフ。
やぎ乳のアイスクリームは「ゴーティ(Goaty)by shina_pooh夫」な感じがしましたが(笑)、特にストロベリーはバスサミコ酢が隠し味で入っていて、さっぱり美味しくいただけました。

あ~どれも美味しかった!そしてIn n' Outで食べ過ぎた!もったいない!!!


そして驚いたのは、とても3時間では全て回り切れないイベントの数々。
・ワイン畑を訪れるジープツアー
・ワインセミナー
・シェフによる調理実演
・画家による作品展示即売会
・ラベンダー他、苗の販売会
・ラベンダー小屋でのラベンダー飾り作成
・ラベンダー小屋でのマッサージ
・ラベンダー小屋での匂い袋作り
・ブルースバンドによるダンスパーティ
基本的に全てタダ
…が、結局ほとんど参加出来ずに終わってしまいました。。残念!


さらには途中、暑さにやられて熱中症に。。
お水をがぶ飲みしたら一気に回復しました。考えてみたら炎天下にワインしか飲んでなかったもんなぁ~。。
皆様にはご迷惑をおかけしました。m(_ _)m
さらにここは圧倒的に白人率が高かったので、Shina_pooh夫妻がいなければ、きっと所在無かったと思います。
おかげで気分良く飲めました!!ありがとう!

======
では、次回の参加に向けて覚え書をば。
・小腹を満たすのはほどほどに。笑
・やっぱり帽子とサングラスは必要。
・色々といただくのでバッグは大き目がGOOD。
・脱水症状に陥るので、お水はこまめにそして大量に補給しよう。
・お水のペットボトルは用意されている。他にレモネード、きゅうり水もあり。
・ラベンダーの花粉がすごいので、アレルギーの人はお薬を飲もう。
・10時半頃家を出たけど、着いたのは13時過ぎ。(食事込み)
======

Matanzas Creek Winery
6097 Bennett Valley Road
Santa Rosa, CA 95404
TEL: 800-590-6464
or 707-528-6464
http://www.matanzascreek.com/

a51ed6b1.JPG
Annual Lavender & Wine Festival
<日時>
2010年は6月26日(土)
13:00(入場12:30)~16:00
<費用>
メンバーは@$75。一般発売@$95

※チケット発売は3月から。
※お子様は入場できないことになってます。
(なぜか一人だけいましたが、正直、つまらなかったと思います。笑)
PR
mixiをご覧の方は同じ内容です。あしからずご了承ください。


さて、友人のNさんに誘われて、映画「アバター」を観て来ました!映画 

+++++++++物語+++++++++
2154年。 
人類はアルファ・ケンタウリ星系にある衛星パンドラで、希少な鉱石を採掘するためにアバター・プロジェクトを立ち上げていた。 
その一員として、下半身不随の元海兵ジェイクが参加する。 
アバター・プロジェクトは、遺伝子により作り上げられたナヴィの器(肉体)に 
人間の意識を融合させることでその肉体を自由に操り、 
鉱石を多く埋蔵する地に住む先住民ナヴィと呼ばれる種族と対話し、 
立ち退きを求めるものだった。 
しかし、それが叶わないときは、弓矢しか武器を持たないナヴィに対し 
重機と銃器による強制排除が待ち受けていた。 

アバターでのジェイクは、自由の利く足でパンドラの大地を駆け巡り、 
やがて彼らと接触、その心や生き様に触れていく。 
そして彼が下した決断は。 
++++++++++++++++++++++


正直、この映画、話題性はあるものの、観に行くか悩んでいました。 
あの青い人型生物がちょっと…だし、さらに混んでいる所を嫌うわが夫婦は二の足を踏んでいたのでした。 
観て見たいような~、でもあえて行かなくてもいいかなぁ~、とそんな状態。 
そこに天使の一声が!というわけで行く機会に恵まれました!^^ 


土曜の朝一のEarly Bird割引で、$9.00。
Early Birdにしては高いのは、3Dだからか、それとも3時間近い映画だからか。 
とにかく、偏向レンズの3D用めがねをもらって席に着きます。 
ちなみにこの時間帯はかなり空いているのでおススメ☆ 
しかもCostcoで買う割引チケットより安いのもGOOD



途中から、映画予告も3Dになるのですが、これが目が回る回る!(@_@) 
特にアニメや文字を見てると、どこに焦点を合わせていいのかわからず、脳が混乱しているのがすごく分かる。 
こんなんで本編大丈夫だろうか?! 
(※酔いそうなときは席を後ろの方にすると良さそうです。
しかも。 


…w(゜o゜;!はっ 


当然ながら字幕なしだよぉ~SFの科学的な台詞が多そうな映画で理解できるのか、私?! 



そんな不安いっぱいで始まった本編。 
私は声に出していいたい。 


これは映画館で観るべき映画だぁぁぁぁ!!! 


ストーリーはありそうな展開ではあるものの、青い人型生物ナヴィの言葉・文化・生活習慣といった背景や舞台となる衛星パンドラの生態系など、世界観を練りこんでいたところは素晴らしい! 
そして何よりも映像の美しさ!!! 
きっと3Dでなくとも充分伝わってくると思います。 
160分と長い分、最初に時代背景や目的について丁寧に説明があります。 
(その間はちょっとたるい) 
英語が分からなくても話は映像だけでも分かりました。 



まだ観ていない方は、地上波放送を待たずに是非映画館に足を運んでください! 
これは映画館で観ないとMOTTAINAI! 
ちなみに2012年には続編が出るそうな。 


今回行った映画館はこちら。
Century 20
Downtown Redwood City
http://www.fandango.com/century20downtownredwoodcity_aaubf/theaterpage
地下駐車場があり、映画のチケットにValidation Stampを押してもらえば(チケット購入時に駐車券をレジに提示)、4時間無料になります。


Nilesはベイエリアの東部、我が家からは橋を渡った向こうにあるFremont市にある通りの名前。
P1040591_R.JPG
昔は鉄道が走り賑わっていたこの通りも、今は寂れて人影もまばら。




P1040567_R.JPG

今は数々のアンティークショップが並ぶ町として知られています。
まるでタイムスリップしたよう
雰囲気が違うので、小旅行に来たような気分。




そんな静かな通りが注目を集めるのが、年1度のAntique Faire(FairじゃなくてFaireらしい)。
フェアではアンティークを始め、衣料品、ファッション小物、写真や絵画など250を超えるテントが並んでいます。

P1050881_R.JPG
正式には朝6時から始まるフェアですが、荷解きをしている中から掘り出し物を目当てに朝5時頃から懐中電灯片手にやってくる人もいます。



到着したのは6時半。心配した駐車場は会場に近い路駐はすでにほぼ一杯!

P1050877_R.JPG
Boy Scoutが運営している有料駐車場($10)は、会場の近くでもまだほとんど止まっていません。寄付にもなるし、便利だし、一石二鳥!






さすがにこの時間なら、もう懐中電灯はいらないほど明るいです。


P1050884_R.JPGP1050885_R.JPG





通りがけのテントを冷やかしながら、最初の目当ては食べ物!まずは腹ごしらえをしなければ戦はできぬっ!
主催者側が提供している朝ご飯は、パンケーキ(何枚でも)+ソーセージ(2〜3本)+スクランブルエッグ+コーヒーまたはジュースでたったの$6!
朝は冷え込むので、暖かい食べ物と飲み物にホッとします



日が昇るにつれ、だんだん人が増えてきました。上の写真と同じ場所とは思えないほど人でごった返します。
P1050887_R.JPG
やってくる人たちを見ると、白人が一番多くて、あとは日本人かな。インド人の姿もちらほら。キャリアー持参でかなり用意周到な人までいます。



お友達に会うかな〜と思っていたところ、昔の写真を売っているテントでKさん夫妻と出会いました!
そぞろ歩きで3時間。9時半に帰路に就きました。


で、さすがにこの時間になると駐車場はいっぱい!路駐もいっぱい!
かなり遠くにも$5で駐車場を開いているところもありましたが、やはり品物を見ても早起きがオトクです!


今回ゲットしたアイテムはこちら。
P1050928_R.JPG
Fenton Hocking Glass製 moonstoneシリーズの ボウルと、Snoopy の水差しです。
さらに写真はありませんが、昔のサンフランシスコの白黒写真を2枚。



水差しはずっとお店の片隅に置いてあって以前から気になっていたもの。
「使わないから、使わないから」と自分に言い聞かせていたのに、
3度行って3度とも同じ場所にあってまるで私を待っているかのようだったで、結局買っちゃいました。笑


そうそう、フェアにあわせて、通常の店舗でも割引セールをやっているところが多いので、普段よりお買い得ですよ


あ〜楽しかったなぁ!
来年も行こうっと!
今度はちゃんと防寒対策をして。


Annual Niles Antique Faire & Flea Market
n122485326290_2001.jpg







Niles Blvd., Fremont California
http://www.niles.org/events/fleamarket.htm


毎年、Chinese New Yearパレードと同じ日に行われる、Chinese New Year Treasure Hunt。
主催者から渡されるヒントを元に現場に行き、謎を解く、という気分はシャーロック・ホームズの超楽しいイベントです!

ワタクシ、推理モノ大好きなのです。
こんな私にぴったりのゲームがサンフランシスコで体験できるなんて最高


我々のチーム「Mooving Us Up」は5名。
14:30にBartのMillbre駅集合で、Embarcadero駅へレッツゴー!!
resize0704.jpg
ここから徒歩2分ほどで集合場所のJustin Herman Plazaに到着です。代表者がネットで申し込んだチケットを受け取って、受付開始の15:30まで待ちます。



resize0707.jpg
ここが受付。前方にはシャーロック・ホームズの探偵帽子を被った陽気なおじいちゃんの姿も。



resize0708.jpg
後ろにもライバル達がうじゃーーーーっと並んでます。




問題は難易度に応じてBeginner、Regular、Masters、Thinks Faster Than Walksと分かれています。
ルールは、
①全員で行動すること。
②徒歩で行動すること。
③不法侵入・器物破損しないこと。
④読める字で解答用紙に記入すること。
⑤締め切りの21:00にはチーム全員が揃ってJustin Herman Plazaにいること。
⑥開始が宣言されるまで、問題を開封しないこと。
resize0709.jpg
受付で手渡されるのは、イベントのルールと地図、そして問題。問題はイベント開始の16:30まで開封厳禁!!
おうぅ!待ちきれない!!




さて、今日は快晴。
resize0710.jpg


フェリービルディングが青空に映えています。
やがてぞろぞろと人が集まりだして………





16:30!イベントの開始です。
まずはチーム名の「粋さ」を競うBest Named賞、続いてそのまんま衣装の良さを競うBest Dressed賞の発表です。いずれの賞も今年の干支である「丑」がモチーフ。その辺、Chinese New Yearに合わせているのがいいですね


OK, Everyone! Now you can open your clues!!

ホチキスを外すのももどかしく、いざ謎解きだ~~~
問題は全17問。
どれも一筋縄ではいかないものばかり
なぜなら、問題を文字通りに読んでも解けないからです
例えば第一問。
Start where are state's capital  crosses one of its public universities (the one that has many vets among its alumni). Go west from there past the entry to a body shop that never closes and you'll see the one-time meeting place of a committee whose work brought men to their rope. What was the full name of the gentleman whose last name contains a stringed instrument?

こ、これがBeginner?!
でも、これでもまだ分かりやすい方だと気づくのにそう時間はかからなかった。。。

問題文の前半で「場所」を特定して、実際に現地へ着くと答えはこんなところにちーーっちゃくありました!
resize0721.jpg

ひぃ~~~先が思いやられる!



ずっとこの調子で、終了時刻21:00まで答えを探し続けます。
途中、きっつい坂道が待ち構えてるし、パレードに行く手を遮られて30分以上ロスするし、紛らわしい通りの名前で道を間違えるだけでなくて、実際に間違えた通りに行ってもヒント文に繋がりそうなものがあったり……。


結局21:00の時点で、7問を解きゴール地点からはるか遠い位置にいました。
半分も答えてない……というわけで戻るのを止めてそのまま中華街へディナーを食べに行きました。
昨年も参加したチームリーダーによると、これでも昨年よりは答えられた問題数が多かったとか。
答えは翌日ウェブにアップされます。きっと悔しがるんだろうなぁ~~!!!
(で、実際悔しがりました。)


では来年に向けて。
・問題の解くスピードを上げる。今年は17:00頃開封宣言されて、16問程道の名前に当たりをつけた所で出発したのが18:30。現地まで行く時間と、現地で答えを探す時間を考えると18:00前には出発したい。
・iPhoneは有効だった!
・パレードの通り道と時間を考慮しよう。
・今回配られたStreet Indexは来年も持っていこう。
・強力な懐中電灯を持っていこう。
・寒さ&雨対策は万全に。


こんなにじっくりサンフランシスコの街を歩いたこともないし、地図だけじゃなくて実際にそこに建っているビルの装飾とか歴史とか分かって面白かったなぁ!
あぁ、とにかく楽しかった!
よし、来年も頑張るぞぉーーーーーー!!!!!!


San Francisco Treasure Hunts
http://www.sftreasurehunts.com/


ブロードウェイでも日本でも、ミュージカル界を席巻したご存知「WICKED」。
サンフランシスコにもやってきたので、観に行ってきました!!!!(≧▽≦)
ひっっっさしぶりのミュージカル観劇に、大興奮ですよぉ~~~~~~

wicked.jpg
このWICKED、実はプレ・ブロードウェイ・トライアウトで最初の公演をサンフランシスコ市内で行ったので、凱旋公演と言っても過言ではない!…かも。





開演は8時。第1幕が1時間30分、15分の休憩を挟んで、第2幕が1時間です。


+++++++++物語+++++++++
ドロシーがやってくる前のオズの国。大学で出会った2人の少女がいた。
ひとりは緑の肌と魔法に天賦の才を持つ、ちょっと周囲からは敬遠されているエルファバ。もうひとりはブロンドの髪と美しい容貌を持つ、みんなから愛される有名なグリンダ。
ひょんなことからルームメイトとなった2人は、友情を育むが…。
愛と友情と、憧れと嫉妬と…複雑な心で板ばさみになる少女達の選択とは。

これを観た後、「オズの魔法使い」を見る目が変わるかも?!
++++++++++++++++++++++


いやぁ~~~、泣いちゃいました。色んな意味で。
(でも会場中で泣いてたの私だけかも…
当たり前だけど全編英語なので所々分からないのですが、それでも「ブロンド女は天然のおバカ」というアメリカのお約束さえ知っていれば爆笑ポイント満載です。
大将にとっては初めてのミュージカルだったのですが十分に楽しんでもらえたようでよかった~


会場は、サンフランシスコ市内のOrtheum Theater。Civic Hallのすぐ近くで、BartのCivic Center駅が目の前の便利なロケーションでした。車なら、入口が分かりづらいけどCivic Centerの地下駐車場が$8で便利です。
http://www.san-francisco-theater.com/theaters/orpheum-theater/theater.php


チケットは、ticketmasterでどうぞ!
http://www.ticketmaster.com/artist/1243801?camefrom=CFC_WICKED_hometicketssf


HOMENext ≫
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[10/05 Abegaraj]
[10/03 りさこ]
[10/03 やなまん]
[10/02 りさこ]
[05/27 shina_pooh]
ブログ内検索
フリーエリア
バーコード

Copyright © [ いつもこんな感じで。inCA ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]

/*アクセス解析*/ /*記事別アクセス解析*/